穏やかに時は踊り

久しぶりに新譜をご紹介致します、バッハのメヌエット。地味ですけどね、良い曲ですよ。宜しければご試聴下さい。

メヌエットという単語はご存じの方も多いと思いますが、具体的にとなるとなかなかピンと来ないかもしれません。これはダンスの為の音楽で、4分の3拍子で書かれた、うん、まあ、3拍子の曲、ですね。ははは。しかし実はこれ「大きい1拍子」なんです。例外的な物も勿論ありますが、8分の6拍子だと大きい2拍子ですね。ダンスをおやりの方はこの意味がお分かりになる筈で、ステップがそうなってるんですね。

激しい踊りや洗練感のある踊りなど、数ある踊りの中でもメヌエットは比較的落ち着いた部類に入ります。出会った頃のドキドキや、それなりの警戒心もなんとなく残っているけれど、お互いを少しづつ信頼しあいながら穏やかな午後を過ごす男女のなにげないひとときのようでもあります。ケーキか何か、コーヒー飲んでね、おいしいね、そうだね、ほんとだね。こんな穏やかな時間こそ、きっと必要なんですね。

写真はホタテ。美味しかったです。音楽とは全然関係ありません。

© 2018 Orch-tracks. All rights reserved.